障害年金の請求(申請)、不服申立て審査請求・再審査請求)のことなら、「兵庫障害年金請求サポート」にお任せください。

障害年金の請求(申請)から不服申立てまで

兵庫障害年金請求サポート

〒671-2579兵庫県宍粟市山崎町門前76-1プレステージR207

0790-65-9922

営業時間

9:00~18:00(土日祝も対応可)

お気軽にお問合せください

障害年金のしくみ

障害年金の種類

障害年金の種類は、

初診日にどの保険制度に加入していたか

によって決まります。

※初診日・・・障害の原因となった病気やケガについて初めて医師または歯科医師の診療を受けた日。

障害基礎年金

初診日が国民年金加入中、または、二十歳前、60歳から65歳まで(国内居住要件あり)の年金未加入期間のいずれかの間にある場合。障害等級は1級と2級があります。

障害厚生(共済)年金

初診日が厚生年金(共済組合)の被保険者期間中にある場合。つまり、会社や役所勤め、教職等に就いている間にある場合です。障害等級は1級と2級に加えて、3級と障害手当金(一時金)があります。

障害年金請求(申請)の種類

認定日請求(本来請求)

障害認定日において、障害等級に該当する状態になっている場合に、認定日から3ヵ月以内、あるいは二十歳前障害のときは、認定日前後3ヵ月以内の診断書を付けて請求します。認定日から1年経過後に請求する場合は、請求日前3ヵ月以内の現在の症状についての診断書も必要となり、併せて2枚提出します。

認定されると、障害認定日の属する月の翌月分から遡って支給されます。

※障害認定日・・・障害の原因となった病気やケガについて初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日。または、1年6ヵ月以内に病気やケガが治った場合(症状が固定した日、あるいは治療の効果が期待できなくなった日を含む)はその日。

事後重症請求

障害認定日においては障害等級に該当せず、その後状態が悪化した場合に、請求日前3ヵ月以内の診断書を付けて請求します。この請求は65歳の誕生日の前々日までに請求する必要があります。

認定されると、請求月の翌月分から支給されます。

初めて2級による請求

障害認定日において2級以上の障害の状態になかった方が、新たに別の傷病(基準傷病)にかかり、基準傷病の認定日以後65歳のなるまでの間に、基準傷病による障害(基準障害)と、前の障害を併合すると、初めて障害等級の2級以上に該当するときは、本人の請求により支給されます。

※事後重症請求と異なり、請求そのものは65歳以降でもできます。

併合改定

障害年金2級以上の受給権者に、さらに他の障害給付を支給すべき事由が発生したときは、前後の障害を併せた障害の程度による障害年金が支給されます。

障害年金の年金額

障害基礎年金

障害基礎年金は1級と2級があり定額支給です。

初診日に国民年金加入の場合(20歳前、60~65歳含む)

※自営業、学生、アルバイト、無職、サラリーマンの妻等であった場合

平成29年4月からの額(毎年見直されています)

高校卒業までの子供がいる場合の加算額は、2人目までは1人につき年額224,300円、3人目からは1人につき年額74,800円となります。

等級高校卒業までの子供年金額月額(約)

1級

2級の1.25倍

なし974,125円81,177円
1人1,198,425円99,868円
2人1,422,725円118,560円
3人1,497,525円

124,793円

等級高校卒業までの子供年金額月額(約)
2級なし779,300円64,941円
1人1,003,600円83,633円
2人1,227,900円102,325円
3人1,302,700円

108,558円

障害厚生年金

障害厚生年金は1級、2級、3級があります。

初診日に厚生年金か共済年金加入の場合

※会社員、公務員であった場合

報酬により異なります。以下の計算例はあくまでも目安としての概算額です。

設定:35歳会社員、給料30万円で勤続(厚生年金加入)10年、妻と子供3人(小1,小3、小5)の場合

※加入期間が25年(300月)未満のときは、300月加入したものとして計算します。

※以下すべての等級、障害手当金の計算において、報酬比例の年金額は給料の額、加入期間によって異なります。
等級
1級

報酬比例の年金額

×1.25

配偶者加算

障害基礎年金1級

の額

490,000円×1.25224,300円1,497,525円
①+②+③=2,334,325円
等級
2級

報酬比例の年金額

配偶者加算

障害基礎年金2級

の額

490,000円224,300円1,302,700円
①+②+③=2,017,000円

※1級、2級とも加算の対象となる配偶者は65歳未満であること。

等級
3級

報酬比例の年金額

配偶者加算障害基礎年金2級
490,000円なしなし
①のみ490,000円
最低保証額584,500円

※報酬比例の年金額①が、584,500円に満たないときは584,500円が支給されます。

〈障害手当金〉は年金ではなくて一時金として支給されます。
等級
障害手当金

報酬比例の年金額

×2

配偶者加算障害基礎年金2級
490,000円×2なしなし
①のみ980,000円
最低保証額1,169,000円

※報酬比例の年金額①が、1,169,000円に満たないときは1,169,000円が支給されます。

〈障害共済年金〉も障害厚生年金とほぼ同様の支給内容、同様の額となります。

お問合せ・無料相談はこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・無料相談は、お電話またはメール (お問合せフォーム)にて受け付けております。

まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0790-65-9922

受付時間:9:00~18:00(土日祝も対応)

無料相談はこちら

お問合せはお気軽に

0790-65-9922

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

私が応対させていただきます

代表の藤多正明です
資格:特定社会保険労務士

親切・丁寧な聴き取りと対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

藤多社会保険労務士事務所 代表 藤多正明

0790-65-9922

住所

〒671-2579
兵庫県宍粟市山崎町門前76-1
プレステージR207